ジャクソンホール報道でメンタルの重要性を再認識した件

なかなか難しいですが、周りでどんなことが起っても動じなくて、旨く切り抜けて行ける人。そんな自分になりたいと思っています。その事はFXをやる時にも大きく関わってきます。

FXには、自分自身を知るというメンタルな面へのアプロ―チをしていかないと上達しません。メンタル性とは、何かが起ったときに起る感情の動きです。私のFXを振り返って見るとメンタル性が大きく関わった結果、悪い結果に繋がっていくことが多かったのです。

これはいけると思ってエントリーしたら全く違った展開になって、嫌な感情が高ぶって冷静な判断がすぐにとれなかったために損失が膨らんだ。これは仕事でも起りうることで、相手が「ノー」と言ったときに強いメンタル性を発揮して、その場の危機を乗り越えて良い方向に持っていける「技」を発揮できない。

感情の動きはそれぞれの人で違っていますが、自分の持っている悪い感情特性を認識して良い方向にコントロールできるようになるとFXがもっと上達できるような気がします。

ところで先週末24日のNYダウは2万5,790.35ドルと前日比+133.37ドルと堅調な取引で終了しましたね。7月耐久財受注の結果が予想を超えたことが、買いに繋がったようです。

しかし24日の主役は、パウエルFRB議長。

ジャクソンホールで行われた講演において、利上げ姿勢を改めて強調。また「インフレが2%超で加速する兆候はなく、経済過熱リスクは高まっていない」と示しました。

講演内容にサプライズらしいサプライズは特にないものの、「過熱リスクは高まっていない」という言葉には敏感に反応しました。ドル円は111円丁度あたりにつけています。

一方ユーロドルはと言うと、1.16ドル台を回復し1.163ドル付近まで駆け上がりました。このまま上昇と行きたい所ですが、駆け上がるにはあと一つの材料が欲しい所です。意識したいのは1.18ドル台ですが、1.18ドルへの壁は少し厳しいかもしれません。